エンタメ資産運用を副業で楽しむ投資家サラリーマンの二刀流ライフ!

投資初心者のサラリーマンが資産運用を副業で実践していきます。モットーは「投資は冒険だ!」「資産運用はエンターテイメントだ!」です。失う怖さより増える楽しさを追求し、投資をエンターテイメントと考えて読む人も一緒に楽しめるような場所にしていきます。

外貨建てMMFのおすすめ。利回りやデメリットも解説

f:id:assetmanegment:20190128162352p:plain

 

 

 

 

 

こんにちは!

 

インベスター小次郎です。

 

投資ブログなので、なんでも扱います。

 

今回は、マイナーな「外貨建てMMF]について

 

解説します。

 

結論から言うと、かなりおすすめの金融商品です!

 

 

 

1  外貨建てMMF(マネーマーケットファンド)とは?

 

 

f:id:assetmanegment:20190128162655j:plain

 

外貨建てMMFって聞いたことがありますか?

 

おそらく、ほとんどの人が一度は聞いたことがあるけど

内容は知らないという人が多いと思います。


そもそも、「今、外貨建てMMFやってるんだぜ!」みたいな人に

一度も会ったことがありませんので、株やFX、投資信託に比べると

かなりマイナーな金融商品だと思います。

 

   
さて、外貨建てMMFの意味を説明すると


「格付の高い外貨建て(米ドル、カナダドル、豪ドル、ニュージーランドドル南アフリカランドトルコリラ


 の短期証券に投資する投資信託」という事になります。

   

一言で言うと、信用性が高い外貨建(米ドルなどの外貨)の

 

 

投資信託」ということですね。

 

 2 外貨建てMMFと外貨預金の違い

 

 

f:id:assetmanegment:20190128163520p:plain

 

引用元:ネット銀行100の活用術 

 

 

  外貨普通預金 外貨建てMMF
保有時にかかる費用 かかりません 管理報酬や投資顧問報酬等の費用が間接的にかかる
為替差益にかかる税金 雑所得としての申告が必要 申告分離課税の対象
金利 変動金利 運用実績による分配、複利効果が期待できる
金利にかかる税金 利息から20.315%が源泉徴収される 所得税15.315%・住民税5% 分配金の20.315%が源泉徴収される 所得税15.315%・住民税5%
解約の自由度 いつでも円に換えることができます いつでも解約できます
主なリスク 為替変動リスク 信用リスク 為替変動リスク、信用リスク 価格変動リスク、金利変動リスク
元本の保証 外貨ベースで元本保証 為替変動により、円貨ベースで元本割れが 生じることがあります 元本の保証はありません
資産保護 預金保険の対象外のため、資産保護は ありません 分別管理の対象となるため、万一破綻した場合でも お客様の外貨建てMMF保全される

 

 

「外貨建てMMFと外貨預金の違いってなんなの??」疑問に思いませんでしたか?

   

 


外貨建てMMF=証券会社が取り扱う

 

外貨預金=主に銀行が取り扱う

 

まずは、大ざっぱな分け方です。

 

 

次は、中身ですが表でまとめましたので

なんとなく理解できると思います。

 


あと補足的に以下、箇条書きでポイントをまとめます。


・外貨預金は、円を外貨へ交換するときや外貨から円に戻す時に

「為替手数料」が発生する。

 

・外貨預金は「預金保険制度」がない。

 

・外貨建てMMFは、実績に応じて利益を受け取る「投資信託」です。

 

・外貨建てMMFは、安全性の高い運用をしているので、外貨ベースで大きく

元本を割り込む可能性は低い。

 

・外貨預金は、預ける時に適用される金利が決まっているが、外貨建てMMF

後にならないと、何%の利回りか判明しない。

 


いかがでしょうか?

 

外貨預金と、外貨建てMMRの違いがなんとなく理解できたと思います。

 

凄くざっくり言うと、安全性を取る外貨預金か、リスクはあるけどリターンを

多くとる外貨建てMMFかということになります。

 

私なら、ほんのわずかなリターン得てもうれしくないので、外貨建てMMF

資産を増やそうと思います。

 

正解はありませんが、自分の性格にあった金融商品を選んでみてください。

 


3 外貨建てMMFと外貨預金はどっちがお得?

 

 

f:id:assetmanegment:20190128164421p:plain

 

結論から言うと、外貨建てMMFがお得です。

 

知名度は、外貨預金の方が勝りますが

 

中身は、外貨建てMMFが勝ります。

 


これから、その理由を説明します。


・外貨建てMMFは、運用に失敗したら税金が安くなる。

 

利益が出たら、税金を支払うのは両方とも同じですが

外貨建てMMFは、損失が出たら場合税金が安くなります。

 

 


・外貨建てMMRは、申告分離課税のため税法上有利。

 

申告分離課税なので、他の所得(給与所得等)と合算しないで

税額を計算するため、税金を安くすることができる。

 

外貨預金は、「雑所得」なので給与所得と合算し、累進課税方式で

計算するので、税額が多くなり不利。

 

ちなみに、申告分離課税は損失が出ても申告が可能なので

将来の税額を抑えることが可能。


・外貨建てMMFは、スプレッド(為替手数料)が狭い

 

スプレッドが広いと最初のマイナス分が大きくなるため

不利です。

 

なかなか理解しにくいかもしれませんので、少しづつ慣れて理解

すれば良いと思います。

 

 

・外貨建てMMFは、金融機関が破綻しても保全される。

 

しかし、外貨預金はペイオフ対象外のため

金融機関が破綻したら1円も保証はありません。


4 外貨建てMMFの利回りやデメリットとは?

 

 

f:id:assetmanegment:20190128164647j:plain

 

外貨建てMMFの利回りは、0.9~1.1%弱はあります。

100万円を1年間預けて、1万円という感じです。

 

手堅く増やすという点では良いと思います。

 

 

デメリットは

 

・元本は保証されていない

 

・為替リスクがある

 

・原則として為替手数料が必要

デメリットよりメリットが多いので

総合的に見て、優れた金融商品だと思います。

 


5 外貨建てMMFに向いている人はどんな人

 

 

f:id:assetmanegment:20190128164740j:plain

 

 

投資はリスクがあるため、同じ商品を全員にお勧めできません。

人によりリスク許容度が違います。

 

超安全志向で、元本を絶対に減らしたくない人は普通預金にするしかありません。

 

小さいリスクを受け入れることができ、リターンも1%前後得たいのであれば

外貨建てMMFに向いていると言えるでしょう。

 

 

6 外貨建てMMFと外貨建てMRFとの違いは?

 

 

f:id:assetmanegment:20190128164810j:plain

 

MMR?MMF?

言葉が似ているので、違いはわかりにくいですね。

 

MRFは、マネーリザーブ・ファンド。

わかりにくいですね。

 

 

マネーリザーブ

意味は「お金を蓄えておくための商品」です。

 

 

証券口座を開設し入金すると、自動的に買付けが行われます。

 

証券口座も銀行と同じく、お金を入れておくと、利息に相当する分配金がもらえます。

つまり、MRFは証券会社版の普通預金ですね。

 

これに対して、MMFは証券会社版の「(変動金利)の定期預金と言えます。

こちらも、ざっくした理解で良いです。


まとめ

 

 

・外貨建てMMR>外貨預金

 

・ほとんどにおいて、外貨建てMMRは外貨預金に比べて有利。

 

・外貨建てMMFは、解約がいつでも可能で、1万円程度からでも購入が可能。